NEWS

2022.06.30

【課題説明会のご案内】漁業取締りの効率化(空撮ドローンと航海機器の連動)

今回、高知県オープンイノベーションプラットフォームにおいて抽出した課題のうち、「漁業取締りの効率化(空撮ドローンと航海機器の連動)」についての課題説明会をオンライン・オフラインのハイブリットで実施します。会員の皆さまの新事業として検討する価値がある課題テーマと考えていますので、ぜひ積極的にご参加ください。

※今回のご参加に関しましては、日本国内の解決技術をお持ちの事業者様に限らせていただきます。ご了承ください。

※参加にあたっては高知県IoT推進ラボへの入会(無料)が必要です。未入会の方は以下のリンク先より登録をお願いします。
登録フォーム:https://kochi-oip.jp/register/

分野防犯
テーマ漁業取締りの効率化(空撮ドローンと航海機器の連動)
課題提供者高知県漁業管理課
課題概要
      
高知県漁業管理課では、漁業に関するルールを作り、漁業をする上でルールが守られているかなどを監視し、高知県沿岸の広い海域の違法操業の取締りを3隻の取締船で実施しております。
違法操業の検挙件数は全国トップクラスの実績ですが、いくつかの課題があります。具体的には、違法操業をしていると思われる船に取締船が近づいた際に、取締船の存在を察知され使用漁具を放棄するなどして、証拠としての情報が十分に得られないことなどがあります。また、高感度カメラが搭載されているものの、夜間や悪天候時に遠距離から撮影をしても写真データが鮮明でなく証拠としては不十分になるケースもあります。
その他、取締船では近づくことができない岩礁エリアがあることや、広大な海上を取締船で移動する場合の燃料コストの増大や移動時間がかかってしまうなどの課題もあります。
高知県漁業管理課では、取締船が老朽化しており、代船建造の時期が近づいています。代船については従来の高感度カメラ以外に、可能であれば空撮ドローンを活用することで、幅広いエリアを効率的に違法操業などの取締りを実現したいと考えています。
困難な課題ですが、諦めず何度でもトライする熱意のある企業様を求めています。
解決の方向性・海上のさまざまな過酷な環境(条件)に耐えることのできるドローンを活用した取締りの実施。
・航海機器と連動したドローンの操作等の実現。

【課題の紹介動画(3分29秒)】
以下より課題の概略の紹介動画をぜひご覧ください。

【課題説明会概要】
開催日時:2022年8月24日(水)13時30分〜16時30分
開催場所:高知県総合保健協会(高知市桟橋通六丁目7番43号)及び高知港を会場とし、Zoomによるオンラインと同時開催 
参加人数制限:20名 ※オンラインの人数制限無し

【内容】
<第1部:課題説明会 13時30分 ~ 14時30分>  ※オンライン参加可能
・課題概要説明(課題提供者とインタビュー形式のヒアリング)
・質疑応答

<第2部:見学会および意見交換会 14時35分 ~ 16時30分>  ※オンライン参加可能
・取締船の見学 ・意見交換(グループディスカッション、全体シェア)
※第1部のみの参加も可能です。

【申込方法・期日】
以下の課題説明会申込フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/17HvnrFwYXH2WYJ16

※参加にあたっては高知県IoT推進ラボへの入会(無料)が必要です。未入会の方は以下のリンク先より登録をお願いします。
登録フォーム:https://kochi-oip.jp/register/

【お問い合わせ方法】
課題説明会についてのご質問やご相談につきましては、以下連絡先までご連絡ください。

■高知県オープンイノベーションプラットフォーム事務局
 担 当:藤田(株式会社SHIFT PLUS)
 連絡先:TEL:090-7099-7492  MAIL:kochi-oip@shift-plus.jp