イベント情報

現場ヒアリング会

【12/19 現場ヒアリング会のご案内】調剤薬局に所属する管理栄養士を活用した新サービスの開発

高知県オープンイノベーションプラットフォームにおいて抽出した課題のうち、「調剤薬局に所属する管理栄養士を活用した新サービスの開発」について、現場ヒアリング会(※1)を実施します。 会員の皆さまにとって、地域の課題を知り、ご自身の事業として検討する機会になればと考えております。本テーマにご興味がございましたら、ぜひご参加ください。

分野調剤薬局
テーマ調剤薬局に所属する管理栄養士を活用した新サービスの開発
課題提供者有限会社ベル企画
課題概要
      
厚生労働省は、薬による治療の安全性や有効性を向上させるとともに医療費を適正化することを目指し、2025年までにすべての薬局を「かかりつけ薬局」に再編する取組を進めています。また、かかりつけ薬局の基本的な機能に加え、国民の健康の維持・増進を積極的に支援する様々な機能を兼ね備えた薬局を「健康サポート薬局」として公表しています。(※)
 
高知県内で8店舗の調剤薬局「ベル薬局グループ」を展開する有限会社ベル企画は、「健康サポート薬局」として利用者の健康をサポートする体制づくりを目指し、管理栄養士の採用を積極的に進めています。
 
しかし、現状では管理栄養士の専門知識を活かした具体的な栄養相談対応や食事の改善提案が十分にできておらず、継続的な健康サポートにつながることが少ない状況です。
 
例えば、デジタル技術と管理栄養士の知識の両方を活かした新たなヘルスケアサービスなどを開発し、地域に根差した調剤薬局として自社の付加価値の向上に繋げ、選ばれる薬局を目指したいと考えています。
 
(※)厚生労働省「患者のための薬局ビジョン」https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/gaiyou_1.pdf

以下の課題紹介動画をぜひご覧ください。
【課題の紹介動画(3分16秒)】

【課題説明会 概要】
開催日時:令和5年12月19日(火) 13時30分〜14時30分(13時15分開場)
形式:オンライン(Zoomによる配信)
参加人数制限:なし

【内容】
・課題概要の説明
・課題提供者へのインタビュー
・意見交換会

【申込方法・期日】
令和5年12月14日(木)正午までに以下の申込フォームからお申込みください。 
https://forms.gle/QGVFkQBL3hSiVu6UA


※参加には高知県IoT推進ラボへの入会(無料)が必要です。入会がお済みでない方は、以下のリンク先から登録をお願いします。
登録フォーム:https://kochi-oip.jp/register/

------------------------------
(※1)「現場ヒアリング会」とは
高知県OIPは、これまで高知県内の課題のうち「課題の当事者性」「デジタル技術の活用可能性」「市場性」を満たすものを絞り込んでラボ会員の皆さまに公開する「課題説明会」を開催し、製品開発に向けた取組を進めてまいりました。一方で、課題に直面し困っている人がいるものの、「デジタル技術の活用可能性」「市場性」がやや見通せない課題も多くあります。また、ラボ会員の皆さまからは、公開されていない課題についてもできるだけその課題の内容を知りたいというご要望をいただいておりました。

そのようなご要望にお応えし、「デジタル技術の活用可能性」「市場性」はやや見通せなくとも、「課題の当事者性」が高く早急に解決を望まれている課題について、課題当事者へのヒアリングや実際の現場の確認等を通して、ラボ会員の皆さまと「課題の深掘り」と「解決策の検討」を行う会として、「現場ヒアリング会」を開催しています。なお、現場ヒアリング会を起点とした製品開発等についても、プロジェクト組成等の一定の要件を満たすことで高知県IoT推進事業費補助金の補助対象となる場合があります。
------------------------------

【問い合わせ先】
■高知県オープンイノベーションプラットフォーム事務局
 担 当:小林・山谷(株式会社SHIFT PLUS)
 連絡先:TEL:088-802-7385  MAIL:kochi-oip@shift-plus.jp

ラボ会員に
登録する
課題を
投稿する